適性や前走不利等から導き出す好走馬

競馬界のTKG「この馬だけは買っておけ」

重賞最終見解

2/9(日)【日曜東京11R】最終見解【GⅢ東京新聞杯】



はじめに…
記事は全て無料で頑張らせて頂いております!
是非読む前に下記画像ワンクリックだけして頂いて応援お願いします!

ランキング上位にいられないとブログ存続が厳しくなってきますので…是非お願いします!笑
今後とも宜しくお願いします。


競馬・オッズ理論ランキング



東京新聞杯 最終見解 【勝負度B】(S,A,B,C)


馬場傾向予測
やや高速、展開次第、内外フラット

ペース想定
S-Mペース




◎9レッドヴェイロン
○13クリノガウディー
▲2ヴァンドギャルド
×5サトノアーサー
×6レイエンダ
×11キャンベルジュニア
×15ケイアイノーテック



◎レッドヴェイロン

東京マイルで抜群の実績を誇る
母エリモピクシーの一族で血統的裏付けがあり
この馬自身も東京マイル(2-1-1-0)
かなりの適性がある舞台なのは言うまでもない

過去にもHレベルなレースでの実績があり
相手強化もこれくらいのメンバーなら素直に上位評価
ルメール騎手を乗せて勝負度も高いので
今回好走の条件は完璧に揃ったと見て良さそう


○クリノガウディー

近走馬柱は汚いが
YouTubeでお話ししたように
内容的にはすべて敗戦理由が明確
能力を出し切れていないので期待値高いとなるとこの馬か

ただ陣営は後方待機策を示唆しており
そうなると目立った脚を使えないこの馬には少し微妙かも
馬場的にももう少し時計のかかる馬場が合うタイプなので少し評価を落として


▲ヴァンドギャルド

世代でも上位の能力で
若い頃から重賞で活躍していたが
アーリントンCでは不可解な敗戦
その後成長を促し近走内容見ると馬が変わってきている印象

マイルだと少し短い気もするが
条件戦は余裕十分できっちりと勝ってきているし
4歳がとにかく走るレースなので
臨戦過程的にも非常に狙える


その他人気馬見解

プリモシーン

実績最上位の存在だし
開催序盤で時計的にもそれなりには出る馬場
今回は条件合いそうだが
ちょっと近2走が崩れていて見所がなさすぎるか

恐らく体調面があまり調子良くなく
一変までは見込めないか
その割に人気は健在で期待値がかなり低いので
個人的には切りで良いかとw

-重賞最終見解

Copyright© 競馬界のTKG「この馬だけは買っておけ」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.