適性や前走不利等から導き出す好走馬

競馬界のTKG「この馬だけは買っておけ」

重賞最終見解

2/9(日)【日曜京都11R】最終見解【GⅢきさらぎ賞】



はじめに…
記事は全て無料で頑張らせて頂いております!
是非読む前に下記画像ワンクリックだけして頂いて応援お願いします!

ランキング上位にいられないとブログ存続が厳しくなってきますので…是非お願いします!笑
今後とも宜しくお願いします。


競馬・オッズ理論ランキング



きさらぎ賞 最終見解 【勝負度C】(S,A,B,C)


馬場傾向予測
標準、差し有利、外有利

ペース想定
Sペース




◎8アルジャンナ
○1コルテジア
▲3トゥルーヴィル
×4ギベルティ
×5グランレイ
×6サトノゴールド
×7ストーンリッジ



◎アルジャンナ

正直強そうな馬がいない低レベル戦
というのが個人的な印象なので
素直に能力最上位と見て良いこの馬で良さそう

先週までのタフ馬場がどうかと思っていたが
土曜日のレースを見る限り時計が速くなっている
なので不安要素がなくなったので軸としては問題ないはず


○コルテジア

過去5年逃げ先行馬(5-2-2)
前が楽なペースになりやすいレース傾向
更に少頭数でメンバー的にもそれは今年もあてはまりそう
そう考えた時に重賞3着の実績があり
前に行ける脚があるにも関わらずこの人気は過小評価

未勝利勝ちは1800Mのタフ馬場京都
今回の条件とほぼ同じであり
馬場を考えれば時計内容も悪くなかった

デイリーSのように
速いペースに巻き込まれたりしなければ
展開利込みで十分好走が見込めると見ている


▲トゥルーヴィル

新馬戦だけなのでわからないところはあるが
超のつくくらいSペースで一気に差し切ったのは評価できそう
しかも直線では前が壁になり外に切り替えるロスもあった

ノーザンF生産のディープ産駒という
いかにもきさらぎ賞走りそうなタイプだし
能力はかりづらいメンバー構成の中で
一段奥がある可能性を感じたのはこの馬か


その他人気馬見解

ギベルティ

新馬戦はSペース先行で素質がはかりづらいところはあるが
最後まで余力を残しての勝利ではあった

陣営は逃げ戦法もほのめかしており
未知数だが放ってはおけないだろう


グランレイ

朝日杯の末脚は見事だったが
完全に前が崩れてのもので
タガノビューティーも次走コケているところからも
展開利があったことは否定できない

馬場は合いそうではあるが
展開的にはなかなか厳しいものがありそうで
差し損ねも十分考えられる
また短い距離の方が合いそうなのでそこも少し不安かと

-重賞最終見解

Copyright© 競馬界のTKG「この馬だけは買っておけ」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.