適性や前走不利等から導き出す好走馬

競馬界のTKG「この馬だけは買っておけ」

重賞最終見解

2/2(日)【日曜東京11R】最終見解【GⅢ根岸S】



はじめに…
記事は全て無料で頑張らせて頂いております!
是非読む前に下記画像ワンクリックだけして頂いて応援お願いします!

ランキング上位にいられないとブログ存続が厳しくなってきますので…是非お願いします!笑
今後とも宜しくお願いします。


競馬・オッズ理論ランキング



根岸S最終見解 【勝負度C 】(S,A,B,C)


馬場傾向予測
やや差し有利、外有利

ペース想定
Sペース




◎7スマートアヴァロン
○3ミッキーワイルド
▲5コパノキッキング
△4ワンダーリーデル

△15ダノンフェイス
×1,6



◎スマートアヴァロン

霜月Sではミッキーワイルド相手に
1キロ重い斤量でタイム差なしの競馬

直線長い東京コースが相当得意可能性高く
レース傾向にもドンピシャ

常に斤量を背負わされるタイプなので
久々に56キロで走れる点もプラス

末脚の安定性から
頭は難しくても十分馬券内に入ってくる見込みがあり
上位人気が盤石ではない評価で
過去の傾向から穴を開けるのはこのタイプの馬なので
穴軸として抜擢


○ミッキーワイルド

東京1400M(2-0-1-0)と得意舞台

またプロキオンSは
アルクトス、ヴェンジェンス、サンライズノヴァと
後に重賞で結果出している馬が揃ったHレベル戦

好位から差してこられるという魅力もあり
差し損ねのリスクも少ないタイプで安定している


▲コパノキッキング

能力面は一枚抜けたものがあるのは言うまでもない

不安は距離
適性はスプリントにあると思っている

最近は前で競馬をしているが
恐らく1400Mで同じように前で運ぶと
JBCスプリントのように最後甘くなるはず
なので一取りや仕掛けどころは結構騎手の腕が要求されると感じる


△ワンダーリーデル

前が崩れる展開になれば
確実に上がりを使えるので
ほぼ間違いなく突っ込んでくる存在

武蔵野Sではまさにその展開を一気に突き抜けた
チャンピオンズCからのローテも良い


△ダノンフェイス

東京1400Mで3勝を挙げていて一番得意な舞台

本来得意ではない条件の
すばるSでは馬体重増やしながら勝利しており
完全に本格化気配

近走上がり使えているし
得意舞台に戻る今回は狙える

-重賞最終見解

Copyright© 競馬界のTKG「この馬だけは買っておけ」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.