適性や前走不利等から導き出す好走馬

競馬界のTKG「この馬だけは買っておけ」

重賞最終見解

1/5(日)【日曜京都11R】最終見解【GⅢ京都金杯】


はじめに…
記事は全て無料で頑張らせて頂いております!
是非読む前に下記画像ワンクリックだけして頂いて応援お願いします!

ランキング上位にいられないとブログ存続が厳しくなってきますので…是非お願いします!笑
今後とも宜しくお願いします。


中央競馬ランキング



京都金杯最終見解 【勝負度B 】(S,A,B,C)


レベ
中 (波乱度中)

馬場傾向予測
ややタフ、展開次第、やや内有利

コース性質
スタート後平坦で初めのコーナー迄700M程と長く、先行争い激しくならない。3F目から上りでラップ緩み残り800Mから下りでラップ速くなる。4Fのロンスパ戦、持続力勝負。

ペース想定
M-Hペース




◎8ドーヴァー
○13カテドラル
▲18ソーグリッタリング
△3サウンドキアラ
☆7トリオンフ
☆15モズダディー



◎ドーヴァー

前走を評価。
レッドヴェイロン、ソーグリッタリング、サトノアーサー等重賞実績のある馬が揃っていてレベルの高い一戦を一気に突き抜けた。
タフ馬場条件はかなり得意なタイプだと思うし、3-8月(0-1-0-11)に対し9-2月(7-1-2-3)とこの時期の体調の良さもあったか。

開幕週だが前開催の痛みがかなり残っており、タフな条件。
近年レース傾向見ても差しも決まるはずなのでかなり面白そう。


○カテドラル

同舞台G1マイルCSでは後方から運び直線スムーズさ欠きながらも上がり最速で追込み能力ある内容。
NHKマイルでも実績あるようにG3では能力上位。

富士Sは大きく出遅れ、中京記念は全く伸びない外を回ったことと敗因はある。

ちょっと後方脚質すぎる点は気になるが、京都マイルの武騎手だし更にサウンドキアラを選ばずこちらに乗ってきている点からも有力視するべき。


▲ソーグリッタリング

関屋記念、エプソムCと重賞実績を残しているが、京都外回り(3-3-1-0)と本質的には圧倒的な京都巧者。

好位差しタイプでマルターズアポジーの引っ張る流れとの相性はかなり良さそう。

大外枠もあり結構人気を落としているが、枠はそこまで関係ない舞台だし狙い目ではある。


その他人気馬見解


ダイアトニック

京都1400M(5-0-0-0)と凄まじいが、反面1ハロン伸びるとパフォーマンスを落としているので積極的に狙いづらい。
前走マイルCSで騎乗したスミヨン騎手もマイルでは末脚が少し劣るとの発言。

とはいえダービー卿CTでは超Hペースとはいえ後方は届かない展開の中差し込んできたように能力は高いので無視はできない。


サウンドキアラ

京都で全4勝を挙げているくらい京都が得意な馬だが、特に京都外回りは(2-1-0-0)と一番走る条件。

クラスが上がっても相手なりに安定して走るタイプ。
G1ヴィクトリアマイルでも悪くない競馬ができており、重賞実績ある能力馬にも先着。

京都マイル得意な武豊騎手からの乗り替わりは残念だが、堅実なので絶対に馬券からは外せない存在。

-重賞最終見解

Copyright© 競馬界のTKG「この馬だけは買っておけ」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.