適性や前走不利等から導き出す好走馬

競馬界のTKG「この馬だけは買っておけ」

重賞最終見解

12/14(土)【土曜中山11R】最終見解【GⅢターコイズS】


はじめに…
記事は全て無料で頑張らせて頂いております!
是非読む前に下記画像ワンクリックだけして頂いて応援お願いします!

ランキング上位にいられないとブログ存続が厳しくなってきますので…是非お願いします!笑
今後とも宜しくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

ターコイズS最終見解 【勝負度C 】(S,A,B,C)


◎15ディメンシオン
○6フロンテアクイーン
▲9リバティハイツ

△7シゲルピンクダイヤ
×11オールフォーラヴ
×16トロワゼトワル


レベル
中 (波乱度高)

馬場傾向予測
やや高速、展開次第、内有利

コース性質
スタート後2Fから下り坂が続き、ラップが速くなる。最後の直線では急坂あり起伏が激しく余力なくなる為持続力が必要となる。

ペース想定
Mペース



◎ディメンシオン

京成杯AHでトロワゼトワルの作る流れに対応した実績がある点はやはり魅力的。

昨年のターコイズSでも最後0.2秒差まで差し込んできているし、京成杯AHの2着、トルマリンS勝ち等のレースラップを見るといずれも激流で底力試される展開で結果を出しているので今回のレース展開を考えたときに流れが合いそう。

鞍上も強化と言えるし、明らかに手も合いそうなタイプの馬。
大外枠は誤算だが、Hペースの一列後ろあたりに入れられれば。
重賞でも常に上位の力を示しているしオッズ的にもここは狙い目と見ているので期待したい。


○フロンテアクイーン

好走の幅が広いタイプなので常に押さえておきたいタイプ。

戦ってきた相手から能力的にここでは一枚上のものがあるし
昨年ターコイズSではHペースを前付けしての4着。
昨年と近いような流れになれば計算できる。


▲リバティハイツ

Fレビューや昨年のターコイズS等Hペースの消耗戦レースに強いのでどう見ても展開向きそうで注意が必要。

安土城Sでは重賞勝ち馬のダイアトニックにあと一歩のところに迫っているし、能力的にも足りる。


△シゲルピンクダイヤ

桜花賞2着の実績はここでは明らかに最上位の存在。

本質的には後半上がりに特化した形が得意なタイプだと思っているが、秋華賞では2000M淀みない流れの中でもしっかり後方から末脚を伸ばしてこれたのはかなり評価していいと思う。
能力的には当然勝ち負け候補の一頭。


その他人気馬見解


トロワゼトワル

京王杯AHでは超高速馬場だったとはいえ、
600M33.2、1000M55.4の驚異のHペース逃げを刻んで1.30.3のレコードで勝利。

再現性というところだが
当時より斤量3kg増、大外枠、馬場の違い等今回はなかなか厳しくなったと思う。
Hペースを作ってくれると期待はするが、馬券的には狙いづらくなった。


エスポワール

条件戦でゆったりしたペースだとかなり強い競馬。

ただし秋華賞のように淀みない流れだとスピード面で対応できていない感じ。

そういう意味でなぜマイルを使ってきたのか疑問はあるし、メンバー的にMペース以上は避けられないと思うので今回は厳しいか。


コントラチェック

舞台的にはベストだが、やはり楽に自分の形でいければ強いタイプ。

枠とメンバー的に展開面厳しくなりそうだし、能力もやや疑問。
同型が少ないときに狙いたい感じ。

-重賞最終見解

Copyright© 競馬界のTKG「この馬だけは買っておけ」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.