適性や前走不利等から導き出す好走馬

競馬界のTKG「この馬だけは買っておけ」

重賞最終見解

12/8(日)【日曜中山11R】最終見解【GⅢカペラS】


はじめに…
記事は全て無料で頑張らせて頂いております!
是非読む前に下記画像ワンクリックだけして頂いて応援お願いします!

ランキング上位にいられないとブログ存続が厳しくなってきますので…是非お願いします!笑
今後とも宜しくお願いします。

カペラS最終見解 【勝負度C 】(S,A,B,C)


◎12テーオージーニアス
○4ゴールドクイーン
▲7コパノキッキング

△9オウケンビリーヴ
×13タテヤマ
×15ヒロシゲゴールド


レベル
中 (波乱度中)

馬場傾向予測
展開次第、内外フラット

コース性質
芝スタートで外枠有利。芝スタートかつ下りが続く為前半かなりペース速くなり、後半は上りで前後半のラップ差激しくスピード底力必要。同コース実績は重要。

ペース想定
Hペース



◎テーオージーニアス

例年前が速くなり差しが比較的決まるレース。
今年もメンバー的にはとにかく前が速くなりそうなのでその後ろから進める馬から狙いたい馬を探していたところ、近走の充実度合いからテーオージーニアスにした。

AリーフSは1,2番手の馬が馬券内に入る前残りレースを、後方からあとわずかなところまで追い込んできた。
北陸SのようなHペースでも好位につける競馬ができていたので、その時の内容がそのままこのレースに結びつきそう。同じ競馬ができればここでも。


○ゴールドクイーン

前が速くなるとはいえテンのスピードが抜けているこの馬ならアッサリがあって驚けない。

とにかく同舞台で行われたながつきSが圧倒的なスピードを見せつける圧巻の勝利。
ただ当時ほどの高速馬場ではないのと、今回はスタートの芝部分が少し短くなる内枠。

競りかけられたら脆い面もありそうなのでここまでの人気で展開的に味方にはならなそうということでここまでの評価に。


▲コパノキッキング

説明不要で能力値は抜けていると覆うが、やはり不安要素が今回は大きい。

近走は前につける競馬をしているが、先行馬揃った今回のメンバー、更に58キロの斤量を背負ってどれだけの位置が取れるかは疑問。
昨年のように後方待機策でも良いと思うが、おそらくそれはしないはず。

あとは藤田騎手もやはり中央重賞ではまだマイナス要素と見ざるを得ないか。
能力はあるが取りこぼしの可能性もかなりありそう。


△オウケンビリーヴ

位置取りという意味ではこの馬も展開的に恵まれそうなので狙ってみたいが、8ヵ月振りなのでそこまでの結果を求めるのは酷。

とはいえ地方重賞を勝てるくらいの能力はある馬なので押さえておく。

-重賞最終見解

Copyright© 競馬界のTKG「この馬だけは買っておけ」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.