「過小評価」好走期待穴馬のみ特化しピックアップしていきます

【穴馬特化型ブログ】競馬界のTKG「この馬だけは買っておけ」

重賞最終見解と「過小評価」好走期待穴馬

11/24(日)【日曜東京11R】最終見解【GⅠジャパンカップ】

はじめに…
記事は全て無料で頑張らせて頂いております!
是非読む前に下記画像ワンクリックだけして頂いて応援お願いします!

ランキング上位にいられないとブログ存続が厳しくなってくるので…是非お願いします!笑
今後とも宜しくお願いします。


勝負度C (S,A,B,C)


◎8レイデオロ
○6ユーキャンスマイル
11シュヴァルグラン
△5スワーヴリチャード
×2ワグネリアン

×9ルックトゥワイス


レベル
中 (波乱度中)

馬場傾向予測
タフ、差し有利、内伸び

コース性質
外枠はコースロス大きく内枠有利。距離長く極端にペース上がりづらい。直線は525Mと長く、直線で加速する瞬発力が必要。

ペース想定
S-Mペース



◎レイデオロ

ちょっと馬場が読みづらくて勝負しづらくなってしまった。そんな中本命は昨年タフな有馬記念で2着と好走してきたレイデオロにした。

動画でお話しした通り、オールカマーは仕上げも良くない中、完全な瞬発力勝負ではこの馬に分が悪かったと思う。

力を出し切ればメンバー最上位の存在だし、ダンビュライトが前走のようにある程度緩まないペースで逃げを打ってくる可能性がそれなりに高そうだと思っていて、極端な瞬発力勝負を嫌うこの馬にとってはプラスに働きそう。

(3-1-0-0)と得意な東京コースに戻ってきて、この季節にかなり強い馬らしく調子も完全に戻してきているので恐らく今回はパフォーマンスを大幅に上げてくる事が期待できる。


○ユーキャンスマイル

動画で話した通りなので詳しくは割愛するが、左回りはいずれも上がり最速で能力はかなり高いものがあると見る。

Hレベルな天皇賞でも4着に入ってきているくらいだから一夏越してかなり成長していると見て良さそう。
当初は本命予定だったが、このちょっとどうなるかわからない馬場状態を考えると良馬場でしか走ったことのないこの馬にはどれだけ走るか予測しづらい。
かなり嫌な予感がするので評価はこの辺にさせてもらった。


▲シュヴァルグラン

能力は間違いなくあるし、タフ馬場も得意なので焦点は仕上がり面だけ。
その中で最終追い切りでは直線で一気に突き放していて悪くないという印象。
ジャパンカップと有馬記念で引退を発表したが、得意なのはジャパンカップの方なので佐々木オーナーのコメントからも今回の方が勝負気配は高いと考えている。

鞍上にはスミヨン騎手、恐らく2年前にジャパンカップを制した時のように一列前のポジションを取りに来ると見ている。

海外帰りで不安は大きいが他の馬も不安要素だらけなので総合的に判断すると上位評価に落ち着いた。


△スワーヴリチャード

体力型で相当ズブくなっているので、2400Mへの距離延長と兎に角積極的な騎乗が目立つマーフィー騎手との相性は抜群なんじゃなかろうか。

昨年も天皇賞惨敗→ジャパンカップ3着とパフォーマンス上げているし、陣営の目標は間違いなく今回。
前走に比べてかなり買い要素増えている。それでも最大限評価しても想定より人気しすぎなのでここまでの評価。


その他人気馬見解


ワグネリアン

皐月賞、大阪杯、札幌記念の内容を見る限りタフな馬場だと間違いなくパフォーマンスを落とす点はかなり懸念材料として大きいかなと思っているので1番人気では評価を下げる。

それでも2戦2勝の東京2400Mだし、内枠、今回のメンバーなら馬券的には押さえは必須。


カレンブーケドール

3歳牝馬世代で一番強いと思ったラヴズオンリーユーがエリザベス女王杯で展開向いて3着は少し残念な感じがしたので、更に牡馬混合でレベルが上がるジャパンカップとなると結構厳しいと思っている。

それでも、オークスは勝ちに行ってあれだけ食い下がる内容でこの馬を一番評価していたので、内枠を引いたということもあり馬券に加えようとしていたが更にこの馬場。
秋華賞の時も当日に一気に馬場が回復したからよかったものの重い馬場だと恐らく厳しかったはずで、やはり今回は馬場的にもスルーが妥当かと判断。

-重賞最終見解と「過小評価」好走期待穴馬

Copyright© 【穴馬特化型ブログ】競馬界のTKG「この馬だけは買っておけ」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.