適性や前走不利等から導き出す好走馬

競馬界のTKG「この馬だけは買っておけ」

重賞最終見解

11/24(日)【日曜京都12R】最終見解【GⅢ京阪杯】

はじめに…
記事は全て無料で頑張らせて頂いております!
是非読む前に下記画像ワンクリックだけして頂いて応援お願いします!

ランキング上位にいられないとブログ存続が厳しくなってくるので…是非お願いします!笑
今後とも宜しくお願いします。


勝負度A (S,A,B,C)


6ライトオンキュー
○15エイシンデネブ
▲13リナーテ
△7カラクレナイ

×3パラダイスガーデン
×11アウィルアウェイ
×12アイラブテーラー


レベル
低 (波乱度高)

馬場傾向予測
ややタフ、差し有利、外伸び

コース性質
スタートから初めのコーナーでの距離短く先行争い激しくなる為外枠はロスが大きく不利。テンが上り、直線平坦の為スプリント戦でも上がり勝負になりやすい。

ペース想定
Hペース



◎ライトオンキュー

スプリントに転向してから安定したレース振りを見せているが、特に前走キーンランドCの内容がHレベル。
1-3着馬がダノンスマッシュ、タワーオブロンドン、リナーテでナックビーナスやセイウンコウセイあたりには先着。
洋芝の稍重馬場というタフ馬場でパフォーマンスを上げてきたので、今回の馬場は間違いなく合う。

加えて今回キーンランドCの上位馬ほど強い馬はいないし、内枠圧倒的有利なこの舞台においてこの枠は絶好。
モズスーパーフレアがいるのでペースは流れると思うし、差しの効く馬場なので展開的にも向きそう。

以上の理由から馬場、展開、枠と絶好の条件が揃い、追い切りの内容や状態面から目標はこのレースに合わせてきた感じ。
スムーズなレースさえできれば上位争い必至だと思うのでここはかなり期待したい。


○エイシンデネブ

2走前から馬体が戻ってきて完全に復調。
直近2走の末脚が共に上がり最速で凄い末脚を見せているので今の外差し馬場においてかなり有力な存在で本命と最後まで迷った。
オパールSでは差しきれなかったものの、終始内にモタれながら伸びてきていた感じなのでスムーズなら差していてもおかしくなかった。

レース傾向的に内を通った方が圧倒的有利なので2番手評価にはしたものの、佐世保Sでは短い直線で異次元の末脚で差し切ったし、展開的には向きそうなので上手くハマれば頭まで想定できる。


▲リナーテ

実績的にもこのメンバーなら上位だし、意外に人気がないという印象はある。
スプリンターズSでは案外だったが、高速馬場のHペースで追走に一杯になり脚が溜まらなかった感じ。

HレベルのキーンランドC組の3着馬だし、この馬にとっても今の差し馬場は良いはずなので今回はほぼ間違いなく巻き返してくる条件。

上位2頭より印を落とした理由は勝負度合いや枠なのでこの馬まで普通に本命級の評価を与えても良いくらい。


△カラクレナイ

京都内回りコースは(0-1-2-1)とワンパンチ足りないながら確実に走ってくる。
位置取り的にも近走は先行力も備わってきていて、好位置から直線でスッと抜け出す競馬ができそう。

前走オパールSの3着だが、展開的には差し展開でこちらの方が早く抜け出した分最後苦しくなった感じの内容。
ただ、毎回どうしても最後少し甘くなって他の末脚上位の馬に差されてしまうイメージがあるのでよっぽど上手く乗ればという感じ。


その他人気馬見解


モズスーパーフレア

実績最上位で逃げ馬も好走するレースだが、この馬の得意なパターンは時計の出る高速馬場で兎に角飛ばして逃げること。

その分今回のタフな京都馬場では最後甘くなってしまいそうな可能性がけっこう高いのと、メンバー的にもアポロノシンザンやラブカンプーらスピードのある馬は内枠に入ってきたので外枠を引いたこの馬にとっては序盤に脚を使わされる可能性あるしけっこう厄介な存在になるかと。

1番人気の現状では期待値的に手が出しづらい。


アイラブテーラー

ここにきて3連勝、勢いを評価されていると思うが少し過剰評価になているかと見ていていきなりの重賞では壁がある可能性が高そう。

タフ馬場向きで条件的には合いそうだが、前走の内容的にはここでも上位とは言い難い。
それでも前走は休み明けでの快勝だったのでヒモには押さえておきたいかな、程度。

-重賞最終見解

Copyright© 競馬界のTKG「この馬だけは買っておけ」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.