適性や前走不利等から導き出す好走馬

競馬界のTKG「この馬だけは買っておけ」

重賞最終見解

11/23(土)【土曜京都11R】最終見解【GⅢ京都2歳S】

はじめに…
記事は全て無料で頑張らせて頂いております!
なので、是非読む前に下記画像ワンクリックだけして頂いて応援お願いします!youtubeでいういいねボタンと同じです!笑
今後とも宜しくお願いします。


勝負度B (S,A,B,C)


◎6ミヤマザクラ
○8マイラプソディ
9ヒシタイザン
△4ロールオブサンダー

×1トウカイデュエル
×5インザムード


レベル
低 (波乱度低)

馬場傾向予測
ややタフ、差し有利、やや外伸び

コース性質
同条件秋華賞は内回りらしく持続力必要だが、このレースは2歳戦で毎年少頭数でペース上がらず。残り800Mの下り坂から徐々にペース上がるか基本的に瞬発力戦になる。。

ペース想定
Sペース



◎ミヤマザクラ

前走は2歳馬にしてはタフな舞台設定であろう洋芝の札幌2000M。
1000M通過1.00.7と洋芝でこの時期の馬にとっては遅くないペースでその後緩んだものの、残り3Fで12.5→11.7→11.6と加速ラップを踏み2歳レコード。

兄弟馬にポポカテペトルやマウントロブソンがいるように、ディープインパクト産駒にしてはキレというよりは持続力で勝負するタイプ。
この時期でペースは上がりづらいとはいえ、京都2000Mはある程度スタミナは必要だし、今のタフ馬場では完全にキレ勝負にはならない。

乗り方、展開次第ではこちらが頭になる可能性もあるはずで、積極的な騎乗をするマーフィー騎手と恐らく手が合うタイプなので手腕に期待してこちらを本命としたい。


○マイラプソディ

評判馬のハーツクライ産駒。
ここまでのレースを見る限りペースが上がらなければ何も問題なく走ってきそう。

ただ、京都内回りの2000Mという舞台設定自体はあまり良くないし、ここまでかなりのSペース戦しか経験していないのでペースが流れたらちょっと危ないかもしれない。

それでも地力の違いで連対は外さないだろうと見る。


▲ヒシタイザン

2走前が優秀で、タフな重馬場のMペース戦を完勝して見せた。

前走が案外な内容だったが、東京の高速馬場でキレ負けしたような内容。
そういう意味では今回の京都内回りのタフ馬場はベストな舞台。

ペース的にはこの馬もある程度流れた方が良さそうなので自ら引き上げるような積極的な騎乗ができれば2強の相手はこの馬になるか。


△ロールオブサンダー

タイプ的にキレない持続力タイプなので京都内回りの舞台は合う。
前走で同舞台の京都2000Mを経験しているし先行力あり無難に走ってくるはず。

ただ、前走は1000M通過1.03.2とかなり恵まれた競馬にはなったので今回は上記の3頭相手にどこまでやれるか。


その他人気馬見解


ヴァルナ

デビュー戦1800Mで終始掛かり通しで5着と敗れている。
折り合い面気にしての距離短縮ローテで重賞3着になったものの、ここにきて600Mの延長はマイナスでしかないはず。

前走も馬券内ギリギリだったしここでは厳しいと見る。

-重賞最終見解

Copyright© 競馬界のTKG「この馬だけは買っておけ」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.