適性や前走不利等から導き出す好走馬

競馬界のTKG「この馬だけは買っておけ」

重賞最終見解

11/17(日)【日曜京都11R】最終見解【GⅠマイルCS】

はじめに…
記事は全て無料で頑張らせて頂いております!
なので、是非読む前に下記画像ワンクリックだけして頂いて応援お願いします!youtubeでいういいねボタンと同じです!笑
今後とも宜しくお願いします。


勝負度B (S,A,B,C)


◎14ダノンプレミアム
○1ダノンキングリー
▲3マイスタイル

△9クリノガウディー
×5インディチャンプ
×7ペルシアンナイト
×11アルアイン



レベル
高 (波乱度中)

馬場傾向予測
ややタフ、差し有利、内外フラット

コース性質
スタート後平坦で初めのコーナー迄700M程と長く、先行争い激しくならない。3F目から上りでラップ緩み残り800Mから下りでラップ速くなる。4Fのロンスパ戦、持続力勝負。

ペース想定
S-Mペース



◎ダノンプレミアム

YouTubeから見解変わって申し訳ないが、本命はプレミアムの方にする。

冷静に考えて前走のメンバーは相当Hレベル。相手関係は確実に楽になる。

それに本命変更の理由は2つあって、一番大きな理由が馬場。

今年の京都は比較的時計を要していて、マイラーズカップや金鯱賞等見る限り、ダノンプレミアムは明らかに時計のかかる馬場の方がパフォーマンスが上がっている。
特に金鯱賞ではリスグラシューなどHレベルなメンバーを相手に全く寄せ付けない内容で強かった。

もう一つは枠順。

どうやら例年のように内枠天国ではなさそうで、またグァンチャーレ、マイスタイル、フィアーノロマーノ等前に行きそうな馬が揃って内枠寄りを引いたことでスンナリ隊列が決まりそう。

ペースが速くなるより落ち着いた方が得意なことは明白なのでそうなると完璧に条件が揃う。

不安要素は動画でもお伝えしたように中2週の反動くらい。こればっかりはやってみないとわからないものなので。


○ダノンキングリー

YouTubeで推奨。

世代最上位の実力だと思っており、ひいらぎ賞の内容が素晴らしいのでマイルへの適性も十分にあると思っている。

毎日王冠は大きく出遅れて、相手は昨年の覇者アエロリットで東京では相当に渋とい馬。外差しが決まる馬場だったとケチをつけられがちだが、並ぶ間も無く抜き去るパフォーマンスはやっぱり相当に高かったと思う。

毎日王冠のような中盤緩まない流れも、共同通信杯のような究極の上がり勝負も両方Hパフォーマンスなのはやはり頼りになるし、昨年、一昨年勝った3歳馬に比べても現時点での充実度、能力では上に来るかと思う。

ダノンプレミアムに条件が揃いすぎたのと、極端な枠を引いた点、高速馬場の方がるという点を鑑みて1つ評価は下げたが優勝候補。


▲マイスタイル

まず、同型が少ない上に絶好枠を引いた。逃げの手を打っての前残りも十分に考えられる。

前走は良くないパターンのローテの中、1400Mを試して結果を出したのは立派。

1400Mを使ったのも恐らくマイルの速い流れに対応できるようにするため、慣れさせるためでの今回への布石。なので積極的な先行策を取ってくる可能性もそれなりに高そう。

マイル以下は(1-1-3-1)。個人的には中距離より適性があると思っている。馬場も合う。


△クリノガウディー

この馬は地味だが能力はかなりあるはず。

近走の成績はパッとしないものの、富士Sは直線あまりスムーズに追えず、京成杯AHは極端な前残り馬場直線前が開かなかった点、と共に騎乗ミスと言ってもいい敗戦。

また、明らかに適性はタフ馬場。
タフ馬場の中京記念では後方から鋭く末脚を伸ばしているし、稍重だった富士Sもスムーズではなかったとはいえまあまあな競馬。

折り合い難があるので後方策を取った場合、届かない懸念はかなり大きい。
なので朝日杯で実績のある藤岡騎手とのコンビに戻って現実的な位置で折り合う競馬を期待したい。


その他人気馬見解


インディチャンプ

安田記念とマイルCSは求められる資質が全く違うし、リンクしないが当初からこの馬は使える脚が短くマイルCSの方が合うと思っていた。

安田記念は有力馬に致命的な不利があったのと福永騎手の好騎乗もあったと思うので、上記の点は気にしなくていいかなと。

毎日王冠や東京新聞杯を見ても勝手に早め先頭に立ってくるくらいいつも4角での手応えは凄いし、最後何かに差されるかもしれないけど上位争いはしてくると思う。


ダイアトニック

前走は良く差し切ったが、メンバーレベルがそんなに高くなかったし、今までのレースを見てきてもベストは1400Mの方かと思う。

スミヨン騎手、5戦5勝の京都で人気しているが、ここはスパッと外差し決着になる感じもしないので期待値的に切ることにした。


アルアイン

昨年が完璧な競馬で少し足りなかっただけに、内枠が欲しかったと思う。

抜け出す脚がないので基本的には厳しくなるかなと。ムーア騎手の手腕でどれだけ、という感じになるか。

-重賞最終見解

Copyright© 競馬界のTKG「この馬だけは買っておけ」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.