適性や前走不利等から導き出す好走馬

競馬界のTKG「この馬だけは買っておけ」

重賞注目馬、軽視馬

宝塚記念の注目馬、軽視馬

こんにちは!

宝塚記念の注目馬と軽視馬をまとめて紹介しようと思います。

レース傾向表や先週の馬場傾向表については小さければtwitterの方で拡大ver見ることができます。

現段階での考えの為、当日変更の可能性もありますのでご了承ください。

なお、あくまで個人的な予想の為、自己責任の上でご判断ください。笑






宝塚記念 2019

【想定オッズ】

※netkeibaさんより



【近5年レース傾向とポイント】



【TKG注目馬】

スタートから下り坂の為、比較的前半から速いラップになりやすく、過去のラップパターンを見ても瞬発力勝負にはならずに、持続力が問われる流れるレースなのが特徴です。

馬場状態もこの時期は毎年タフで、2200Mの非根幹距離で行われる為、実力通りというよりは適性面を見抜くのが非常に重要で、その結果荒れることも多いレースとなっています。

この枠順では、包まれたくないキセキは積極的に出していく戦法に出ると思っているので、傾向通りと見て良いかと思っています。


今回中心視しているのは、ランキング内Cの馬。お手数ですがサイト発展の為クリックにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓

まず経緯は不明なんですが、デムーロ騎手はエタリオウではなくこちらに乗ることになったようです。

近走で底が割れてしまった感が否めないものの、それは中山記念、JCと高速馬場でのスピード勝負に対応できなかった形。

天皇賞(秋)は全く力を出し切れていませんし、かなり人気落ちそうなここが買い時と見ます。

今回はタフ馬場の元行われますし、大阪杯と安田記念での好走内容を見るとロンスパ戦や持久力問われる流れのレースでは強そうなので期待したいです。


上位人気馬の見解

レイデオロ

レースの流れにもしっかり対応できますし、能力面もこのメンバーなら最上位なので普通に走ればまず馬券内に来そうです。

ただし、前走海外で大きく崩れてしまったので今回立て直してこれるのかがポイント。

また、折り合い的にも不安を抱えてしまったような感じなので、もしかしたら後方から運ぶ形になるかもしれません。

京都記念と海外競馬の結果から、馬場が重くなりすぎるとあまり良くないタイプにも見えます。


キセキ

大阪杯は通ったコースでの2着という感じでしたし、有馬記念、JC、天皇賞(秋)と秋3戦はかなり強い内容の競馬をしてきました。

確かに古馬になってからは高速馬場向きにシフトしている点と得意とは言えない右回りかつ内回りではありますが、前受けできて持続力勝負に持ち込むこの馬は軽視はできないです。


リスグラシュー

エリザベス女王杯や金鯱賞を見るに前半Sペースの瞬発戦が最も得意なタイプに見えます。

ただ、近走本格化が窺えるのとある程度好走レンジに幅のありそうなタイプなので怖い一頭ではあると思います。

ただ、この距離でペースも楽ではないここではやはり積極的に買いたくないのが本音ではありますが…。





では実際に馬券をどう買うか? それは毎週LINEで「馬券付き」でレース当日に配信しています。

LINE勝負レースの配信はサイト上部の【公式LINE】から登録頂けます。

-重賞注目馬、軽視馬

Copyright© 競馬界のTKG「この馬だけは買っておけ」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.