重賞最終見解

9/1(日)【日曜新潟11R】最終見解【GⅢ新潟記念】

はじめに…
記事は全て無料で頑張らせて頂いております!
なので、是非読む前に下記画像ワンクリックだけして頂いて応援お願いします!youtubeでいういいねボタンと同じです!笑
今後とも宜しくお願いします。



実際の購入馬券はLINE限定で配信しています。※レース当日12時前後配信

↓↓↓友達追加はコチラ

Add friend




勝負度B (S,A,B,C)


◎2アクート
○10カヴァル
▲9レイエンダ
△4フランツ

×1サトノキングダム
×12ショウナンバッハ

×15ブラックスピネル
×16センテリュオ



レベル
低 (波乱度大)

馬場
標準、展開次第、かなり外差し

コース性質
最初の直線距離長く序盤速い流れになりづらい、ワンターンで最後直線659MはJRA最長、残り1000Mから下りでラップが速くなる為持続力求められる事も多い

ペース想定
Sペース



◎アクート

Youtubeの解説通り。

(3-0-1-0)の新潟適性を買いたい。いずれも瞬発力戦で上がり32.9、33.0、32.5の末脚を出しており、今回はその時より低斤量となるので、末脚は実績馬と比べても見劣りはしない。

また、展開が鍵となる。恐らくブラックスピネルやジナンボーあたりが逃げて特に追いかける馬もいなさそうなので前半Sペースから直線での追い比べとなる可能性が高いと見る。そうなればこの馬のパフォーマンスは引き出される。

今回枠順が極めて微妙なところを引いてしまったので対抗との2頭から勝負としたが、うまく捌ければ上位争いになっても驚けない。


○カヴァル

この馬も近走本格化して、3連勝。いずれも瞬発力勝負を勝ってきており、エイシンフラッシュのキレをそのまま受け継いだような内容。

上記で記載したようなSペースからの追い比べはこの馬にとっても最も得意な展開。

枠も悪くないところを引いたので条件揃った感のあるこの2頭から狙い撃ちたい。


▲レイエンダ

とにかく前走がSペースで先行抜け出しで恵まれたので全く評価できないが、条件や馬場の合わなかった感のある2-4走前以外のパフォーマンスから一応の能力値としては上位で。かつ今回も前走と同じような展開になりかねないので買わざるを得ない。

また、前走からチークピーシーズ着用で操縦性が増している。ルメール騎手は間違いなく好位置からの競馬をしてくるはず。

そうなると相対的に走ってくる可能性は高そう。


△フランツ

前走は高速馬場かつ内伸び馬場で展開的にも厳しかったが大外から一気に差し切ってみせた内容は見事。

京都新聞杯で1番人気に支持された事もあり、重賞級の素材なのは間違いない。

今回枠が微妙なのでうまく捌けるか。


×サトノキングダム

先行力はあるので今回のメンバーなら積極的な競馬をすれば展開面恵まれる可能性もそれなりに高そう。

5走前新潟コースで強い勝ち方をしているし、この枠からスンナリと先行できれば。


×ショウナンバッハ

昨年3着と穴を開けた存在で適性はあるし、左回りの直線長いコースでは好確率で速い上がりを使って好走してきている。

馬場的にも馬券的にも押さえておいた方が良さそう。


×ブラックスピネル

馬場がどうかだが、とにかく近走逃げると渋とい内容で、新潟大賞典も上位を差し馬が独占するかなり厳しい競馬となったが0.4差5着とよく粘っていた。

楽に逃げると重賞でも通用する力があり今回のメンバー展開では残り目があっても。


×センテリュオ

あまり買いたくはなかったが、牝馬重賞では上位の存在だとは思うし今回はとにかく追切がビッシリ追われており出来が良さそうなので念の為押さえておく。

-重賞最終見解

Copyright© 競馬界のTKG           「この馬だけは買っておけ」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.