重賞最終見解

8/4(日)【日曜小倉11R】最終見解【GⅢ小倉記念】

勝負度A (S,A,B,C)


◎3タニノフランケル
○8メールドグラース
▲13ストロングタイタン
△2アイスバブル
△5アイスストーム



レベル
中 (波乱度低)

馬場
高速、先行有利、内外フラット

コース性質
序盤ペース落ち着きやすい、残り1200Mから下り坂ロンスパ戦、直線平坦、持続力必要

ペース想定
S-Mペース



◎タニノフランケル

前走はHペース戦を先行しての6着。自分の形に持ち込めない時はかなり脆い馬だと思っていたので、あの形であれだけ粘れれば上出来。

小回りコースが得意で小倉では1000万クラスを圧勝、小倉大賞典2着の実績。

今回のメンバーならほぼ確実に逃げられるはずだし、人気を落としてマークが緩くなる今回は楽に逃げられる可能性が高そう。なので、今回は狙い時。


○メールドグラース

完全に本格化。2走前瞬発力戦、前走ロンスパ戦を快勝。

3走前、4走前の内容からも持続力必要な小倉の舞台も適性あり、問題なく走ってきそう。能力面から考えてもこのメンバーならある程度堅そう。

あとは57.5kgの斤量がどれくらい響くかどうか。


▲ストロングタイタン

夏、高速馬場、平坦コースで好走傾向があり、2018鳴尾記念では重賞2勝のトリオンフらを抑えてレコード勝ち。その時の持続ラップは小倉記念に繋がる内容だし、開催2戦目の時計の出る小倉もプラス。

近2走負けすぎていて、かなり狙いづらいが、追い切りの動きはグンと前進。追い切りの動きと実績がリンクするタイプなのでここまで人気落とすのなら面白い。


△アイスバブル

キレはない体力型という感じで、ロンスパ戦になる傾向の小倉記念は合っている印象。

この枠なら鍵は位置取りだけ。上手く好位のインを取れれば好走してくるはず。距離短縮にはなるものの、このメンバーならペース上がらないと思うので当然有力視。


×アイスストーム

瞬発戦も消耗戦でもかなり強いパフォーマンスを見せているのでかなり強い馬であるのは間違いない。

ただし、今回は不慣れな小回りの小倉で恐らく後方から進めることになる。適性的には疑問。


その他人気馬の見解

ノーブルマーズ

展開向きそうだし、能力面もある程度評価しているが、明確に叩き良化型。
前走の宝塚記念は2018年3着の実績あるレースであり、2019春の最大目標。

当然今回のレースを狙ってきているとは言えず、上位人気素質馬多いレース故にあえて狙う存在ではない。

-重賞最終見解

Copyright© 競馬界のTKG           「この馬だけは買っておけ」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.