重賞最終見解

函館2歳S 2019 最終見解

勝負度C (S,A,B,C)


◎3レッドヴェイパー
○6パフェムリ
▲1ビアンフェ

△11スマートカーリー


当然キャリアが少ないので判断材料も少なく、単純な能力比較はしづらいんですが、それと同時に比較的傾向は明確なレース。

なので以前にも貼った表を再度貼っておきます。


馬場は最終週らしく比較的時計はかかるタフ馬場。ただ、極端に前有利や差し有利というような感じではなく、展開次第といったところだと思います。枠順も比較的フラット。

今回はとにかくデータクリアした馬(前走函館1200Mでしっかり位置を取って勝負できそうな馬、時計を出している馬)でシンプルな勝負をしようと思います。

それでもたった1戦しかしていない馬なので予想だにしない変わり身もあります。なので勝負度合いは低めが妥当です。笑


◎レッドヴェイパー

(ライバルのケープゴッドがまさかの除外となってしまいましたし)レッドヴェイパーの新馬戦が今回のメンバーの中では抜けてHレベルかと思います。

表に記載の通り走破タイムもさることながら、前半3F33秒9という前半要素もしっかりとあり、ありがちな「いきなりペースが上がって追走に苦労する」という心配がない点は安心です。

嫌う要素がほぼ見当たらないので、流石に一本被りのオッズになるでしょうが、ここは堅軸と見て良いのではないでしょうか?

恐らくあっさり先行抜け出しをして勝ち負けだと思います。


○パフェムリ

この馬も初戦好位から抜け出して圧勝。

スプリント戦にしては差をつけての勝利でしたし、レースセンスはかなり高そうなのでここは素直に2番手評価。


▲ビアンフェ

初戦は今回のメンバーで最速の上がり35.0。2走目はタフな馬場をHペース逃げとある程度レースの幅に対応ができそうです。

キズナ産駒がいきなり重賞で通用するかという点はわからないのでパフェムリの方を上に取りました。


△スマートカーリー

新馬戦で前半3F34.1とこの馬も比較的Hペースの流れを経験。

最後ギリギリ凌いだ様な感じではあったものの、速いペースを経験できた事は大きいです。



その他人気馬の見解


タイセイビジョン

メンバー唯一の阪神デビューで、現時点での完成度は一番高そうです。鞍上もルメール騎手と非常に怖い一頭なのがタイセイビジョン。

ただし、前走函館以外の馬はここ5年で一頭しか馬券内に来ていません。
それだけこの時期の輸送は応えますし、実力は正直未知ですが大物感は感じないので、今回はデータを信じ購入は見送りたいと思います。





是非応援クリックお願いします!



最強競馬ブログランキングへ


中央競馬ランキング

-重賞最終見解

Copyright© 競馬界のTKG           「この馬だけは買っておけ」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.