プロキオンS 2019 最終見解

勝負度B (S,A,B,C)


◎8ウインムート
○1サクセスエナジー
▲4ヴェンジェンス
△12ミッキーワイルド
×14キングズガード
×9マテラスカイ


雨はやんでいるので、プロキオンSの頃には稍重くらいになるんでしょうかね?ある程度時計は出そうですが、昨年みたいな高速馬場にはならないと思います。このレースはとにかく馬場読みにつきます。馬場を外したらごめんなさい。理想は直前まで様子をみるのがベターですね。

昨年同様、マテラスカイがハナを主張してサクセスエナジー、ウインムートあたりがそれを追いかける形。

芝スタートで前半ペースが速くなりがちなのと直線急坂の底力が必要。ただ、前もなかなか止まらないというのが中京1400M。少し変わった特徴でリピーターや阪神1400Mと相関性があったりもします。


◎ウインムート

この馬、典型的な夏馬なんですよね。6-8月のレースは(5-1-2-1)と好成績で、昨年3着の実績。前走は逃げられてことも良かったですし、単純に体調が良くなっていたということだと思います。

番手からでも競馬ができる馬ですし、昨年の競馬を見る限りあまりに高速馬場よりは今年の馬場の方が合いそうな感じ。

何より8番人気というのに驚きました。3、4番人気で見ていたので。この人気なら迷わず本命で、っていう感じですね。


○サクセスエナジー

昨年は4着でしたが、1400Mに限れば交流重賞で3勝2着2回。OPでも圧勝と現役でもかなり強い部類。

前走は-14キロで調整も微妙だった上に道中揉まれながらも2着まで来ましたし、揉まれても大丈夫になったのは強み。


▲ヴェンジェンス

相関性高い阪神1400MのOPを連勝してきました。

スムーズな位置取りさえ取れれば、先行しても後方からでも良い成績が残せてます。弱点は恐らくですが、揉まれ弱い事なのでうまく外に出せるかですね。

展開的にもスピード型の先行馬が多く、もしかしたら前がやりあう可能性があります。そうなった場合はもう一列後ろを取れそうなこの馬に展開が向く可能性が高いかと思います。

外枠であれば本命級の評価でしたがその分評価を落としました。


△ミッキーワイルド

今後ダート短距離で出世してくる可能性を秘めたこの馬ですが、現状では東京コースの実績しかない点と今までにないくらいスピードタイプが揃っているので1取りは気になります。

ポテンシャルを評価して。


×マテラスカイ

本質的にはスプリントこそで、昨年レコード圧勝の理由は不良馬場で超高速馬場だったからこそ。

今年も馬場次第では圧勝してもおかしくないですが、やはり昨年ほどの時計は難しいでしょうし、そうなった場合は1400Mという距離は明確な不安材料となってきますので、押さえ程度の評価にしました。


その他人気馬の見解


アルクトス

近走は非常に強い内容の競馬ですが、大跳びで東京コースでこそのタイプな気がするんですよね。

スピードタイプの馬が多い今回のメンバーでは相対的に位置取りも少しいつもより後ろからになってしまいますし、後ろから差してくるイメージはあまり持てませんでした。

Shareこの記事をシェアしよう!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です