宝塚記念の軽視馬と穴馬2頭

こんにちは!TKGです。

今回は宝塚記念の軽視馬と、穴馬2頭の紹介をしようと思います。

自分自身への予想の縛りと精度的中の意味も込めまして各重賞、5番人気以内の人気馬の中から勇気を持って2頭は軽視馬を指定したいと思います。(1頭のみの場合もあります)

現段階での考えの為、当日変更の可能性もありますのでご了承ください。

なお、あくまで個人的な予想の為、自己責任の上でご判断ください。笑






宝塚記念 2019


【想定1-5番人気】

※netkeibaさんより



【軽視馬】

軽視馬1頭目はランキング内Dの馬。お手数ですがサイト発展の為クリックにご協力頂けると嬉しいです。
↓↓↓

今回騎手の乗り替わりが鍵でどんな戦略になるのか、という所が注目ですが前半からペースの速くなるこの舞台では恐らく後方から行くしかないのでは?と思っていたりします。

前走は明らかに位置取り厳しかったので参考外にするとしても、ベストパフォーマンスの菊花賞や神戸新聞杯はSペースの瞬発戦。

また、今まで経験したレースがSペースしかない為、ペースが上がる今回は単純に脚が溜まるか?という疑問がある追って案外というシーンもあるのではないかと思っています。


【穴馬】


スティッフェリオは条件が揃ったかと思っています。

この馬の出ていたレースで比較的メンバーレベルの高かったレースは札幌記念と大阪杯ですが、ともに上位馬とさほど差のない競馬。

札幌記念はHペースで前にかなり厳しい流れで底力が問われた所、この馬は先行してきた馬の中で最先着。

大阪杯も正攻法で挑んで最後までよく食い下がっている内容。

そして1番の推奨理由が福島記念でのHペース底力レースや小倉大賞典でのロンスパ戦を重い斤量でしっかり勝ちきっている所からこの舞台への適性はかなり高いはず。

好位も取れる馬なので穴としてはこの馬しかないと思っています。


あとはマカヒキもG1で来るとしたらここが最後のチャンスな気もします。

最近は高速馬場で4コーナーで一気にギアチェンジを求められると置いていかれてしまうところがあります。

なので、少しタフな馬場で瞬発力戦にはならない=ギアチェンジを求められないこの舞台で良さが活きそうです。

出来も良化しているとの事で、これは買ったほうが良い一頭だと思います。





では実際に馬券をどう買うか? それは毎週LINEで「馬券付き」でレース当日に配信しています。

LINE勝負レースの配信はサイト上部の【公式LINE】から登録頂けます。

Shareこの記事をシェアしよう!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です